鈴木動物病院 山形県山辺町 犬 猫

鈴木動物病院|山形県山辺町
  • トップぺージ
  • 病気について 予防法
  • 不妊手術について
  • いろいろなワクチン感染症
  • お問い合わせ
  • ブログ

不妊手術について

避妊手術とは

メスが行う不妊手術です。
全身麻酔をおこない、子宮および卵巣を摘出します。
通常手術時間は1〜2時間程度です。

去勢手術とは

オスが行う不妊手術です。
全身麻酔をおこない、睾丸を摘出します。
通常手術時間は1時間程度です。

避妊・去勢手術

電話で予約してください。
オスは日帰りで手術できます。(朝連れてきて夕方お迎え)
メスは1日の入院をおススメしています。

避妊、去勢手術のメリット・デメリット

メリット

メス犬と猫の避妊手術で生殖器系の病気を予防

不妊手術は、女の子の卵巣を摘出したり、卵巣と子宮の両方を摘出しますが、これによって妊娠が
避けられるだけでなく、精神的にも安定し、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などの病気に罹りにくくなります。
発情(出血や鳴き声など)時の問題行動を抑制します。
避妊手術をすることで乳腺腫瘍の発生を予防できるという報告があります。

犬 初回発情前 99,5%
  1回発情後 92,0%
  2回発情後 74,0%
  2歳半以降 ほとんど効果なし
猫 6ヶ月令まで 91,0%
  7〜12ヶ月令まで 86,0%
  13〜24ヶ月令まで 11,0%
  24ヶ月令以降 0%        まずはご相談ください。

オスは去勢手術で闘争本能が弱まる

オス犬自身には発情期がありませんが、発情したメス犬の臭いに誘われて外に出てしまったり、
メス犬を取り合ってオス同士で喧嘩をするなど、落ち着きの無い行動が目立ってきます。
こうした発情のストレスが原因で起こるトラブルを防ぐためにも、去勢手術は、犬と飼い主双方に
利点のある手術といえます。
男の子では、前立腺肥大症、精巣腫瘍、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫などの病気が防げるだけでなく、
縄張り意識や闘争本能が弱くなり、飼い主への服従性が高まって、飼いやすくなります。
マーキング行為がひどい犬にも去勢手術は効果的です。
男の子のネコちゃんのスプレー行動、攻撃性、逃走癖、マウンティング行動などの性ホルモンに関連
した問題行動も抑制するとされています

望まれない妊娠を防ぐ

望まれない妊娠によって、捨てられたり保護施設に引き取られて短い命を終える犬や猫の数は
毎年80万頭におよびます。
不幸な犬や猫を増やさないために、避妊・去勢手術を。

デメリット

男の子、女の子共に避妊・去勢手術の後、肥りやすくなるので食事の管理が大事です。
避妊後、去勢後専用のフードもあります。

よく受ける質問 Q & A

Q.そもそも不妊手術は必要なのでしょうか?
ペットを自然な状態にする、という意味からすれば絶対に必要ということはありません。
ペットの赤ちゃんを見てみたい、と考えるのは実に自然なことです。
ただ、ペットに出来るだけ病気をせず長生きして欲しいと願ったり、昨今のペットを飼う事情を考えれば、不妊手術を行うことも考えてみては如何かと思います。

 

Q.不妊手術を行うと、どういったメリットがあるのでしょうか?
ほとんどすべての動物には、人間と違い、発情期というものがあります。
発情期になると、異常に興奮して、昼夜を問わず鳴いたり動きまわったりします。
発情期の動物を、飼い主がなだめるのは至難の業ですが、同様に動物も相当なストレスを
感じております。昨今は近隣の家と近いので鳴いたり動き回ったりすると近隣にも
迷惑をかけてしまいます。こういったストレスを和らげるメリットがあります。
ストレスが軽減できれば、動物は長生きできますし、飼い主の苦労も少なくなります。
近隣にも迷惑をかけることが少なくなりますので、ペットを飼う環境が良くなります。
不妊手術後は、発情期がなくなりますので、性行為に伴う病気の発生がなくなります。
これもペットの長生きにつながります。
他にもいろいろメリットはありますが、お気軽にお問合せください。

 

Q.いつごろ手術するといいのでしょうか?
初回発情期のときが目安ですが、状態をみてより早く実施することもあります。
一般的なイヌ、ネコの場合、初回発情期は生後6〜7ヶ月後です。
一度発情期を経験すると、周期的に発情期が来て、その都度ストレスを感じてしまいます。
生後6ヶ月を過ぎたら避妊が可能です。

 

Q. 手術に危険性はないのでしょうか?
どんな手術にも危険は伴います。
手術は、全身麻酔をおこないますので、
麻酔によるアレルギーが発生する場合もあります。
ただし、アレルギーチェックは手術前に検査を行いますので手術前検査で麻酔アレルギーの疑いがある場合は手術方法を見直すことがあります。
また、特にメスの場合、ちょうど発情中に手術をする場合、出血量が多くなる場合がありますので発情(分娩)終了後1ヶ月後が手術時期になります。

 

Q.不妊手術の流れ、ってどうなるのでしょうか?

一般的には、以下のような流れで行います。
@ 予約    問診・手術日の予約を電話、FAX、メールでお願いいたします。
A 問診・検査 現在の健康状態、麻酔ショックの確認、これまでの病歴、ワクチン接種の        有無などを確認します。
B 手術前   手術12時間前から絶食・絶水させます。
        かわいそうかもしれませんが、ペットの安全を守るための措置です。
C 手術当日  手術同意書を書いて頂きます。
        このときペットは退院まで一時預かりとなります。
        通常オスは、日帰りで手術できます。メスは、1日入院です。
D 退院・養療 手術後のケアの説明を行います。また抜糸の予定を決定します。
        抜糸まで自宅養療ないし一時預かりとなります。
E 抜糸 手術で縫合した糸を抜き取ります。

 

Q. 不妊手術をすると、太りやすい、と聞いたのですが?
太りやすい傾向にあるようです。
全ての動物は、睡眠欲、食欲、性欲が備わっていると
言われております。
不妊手術ではこの性欲を無くしてしまいますので、
性欲が無くなった分、欲が睡眠欲・食欲に廻ってしまうようです。
よく寝て、よく食べるようになるわけですから、
当然太りやすいと言えます。
また、ストレスがなくなった分だけ余計に太りやすいのではないかと思います。
手術後、ペットに元気が出たら、よく運動させて、
いっぱい愛情を注いでください。

ページトップへ